Skip to main content

ペアプログラミングで他人からコーディング技術を学ぼう

今日もコーディングを進めていたでござるが、本当にこの書き方であってるでござるか?

いまいち非効率なコーディングな気がするでござる・・・

今日も頑張っていますね!

ちょっと行き詰まりを感じてますか?

そうでござるね・・・

なんだか、自分のコーディングの内容が、本当に効率的なのか、バグが混じっていないのか不安でござる。

じゃあ、ちょっとペアプログラミングをしてみましょうか。

ペア…?なんでござるか?それ?

では、まずはざくっとやり方を説明してから一緒にやりましょう!

①ペアプログラミングとは

ざくっというと、ペアプログラミングは以下のような感じで進めます。

  • 1台のパソコンを2人で使ってプログラミングを行う
  • 「ドライバー」というコーディングを行う人と、「ナビゲーター」と呼ばれるチェック・アドバイス担当の2人で行う
  • 30分単位や単体機能毎に「ドライバー」と「ナビゲーター」の役割を交代する。

なるほど!りょうじ殿のスキルを吸収することが出来るでござるね!!

②どういうときに行うか

では、このペアプログラミング、以下のようなときに行います。

  • 熟練者のスキルを初学者に教える
  • 属人化したスキルを、開発者同士で勉強し合う
  • アジャイル開発など、設計書が無い状態で認識を合わせて開発する場合
  • システムの状況を一緒に把握する

ふむふむ。

ここでもアジャイル開発という単語が出てきたでござるね。

アジャイル開発については、過去にこちらで記事にしてますので、ご興味あればお読みくださいね。

③メリット・デメリットは?

このペアプログラミング、良いことばかりでござるか?

物事は表裏一体なので、デメリットもあります。

メリット

  • 技術スキルを共有でき、全体のレベルがアップする
  • 実務の中で行うので、ナビゲーターのノウハウをふんだんに活用できる
  • お互いをサポートし合って作業を行うので、集中力を持続しやすい

デメリット

  • 熟練者が参加し、教える気が無いと効果が発揮しづらい
  • 必ずしも生産性が上がるわけでは無い(熟練者2名の場合、各自で動いた方が可能性)
  • お互いのスケジュールを合わせて行う必要がある

き、きっとりょうじ殿は、しっかり教えてくれるでござるよな?な?

ふふふ。どうでしょうか。(ニヤリ)

とりあえずは、一度一緒にやってみましょう。30分交代で、最初はお侍さんがドライバーでやってみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA