Skip to main content

​Visual Studio Codeを活用してみよう

お侍さん。

ひょっとしてですが、プログラミングを「メモ帳」機能でやっていますか?

うむ。拙者、シンプルイズベストでござってな。

な、なるほど・・・?

実はコードエディターというものがあるのは、ご存じですか?

コードエディター?うむ。知らん。

じゃあ、今回はコードエディターの一つである「​Visual Studio Code」についてざくっと解説します!

プログラミングが早くなるので、是非使ってみてください。

①コードエディターって何?

そもそも「こぉどえでぃたぁ」って何でござるか?

メモ帳は文字を書くことができますが、コードエディターはプログラムを書くことに特化したソフトウェアです。

VSCODE以外では「Sublime Text」や「Atom」もあります。

それって絶対使わないといけないでござるか?

絶対使わなければいけないというルールはありません。

お侍さんのようにメモ帳でもプログラムを作って、拡張子を変更すればコードは書けます。

しかし、以下のようなメリットが、「コードエディター」にはあります。

1.言語に合わせて間違った文字列を判別する
2.言語によって使用する関数など提案・表示してくれる
3.各種プラグインを利用することで、さらに使い勝手が向上する

ううむ。良いことづくめでござるな。

はい。
なので、まずはVSCODEをダウンロードして使用してみましょう!

②ダウンロード・インストール

以下のURLからダウンロードして自分のpcにインストールしましょう。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

ちなみに、日本語への対応方法は以下を参照してみてください。

https://rfs.jp/sb/vsc/vsc-japanese.html

と、とりあえず、いんすとーるしてみるでござる。

③実際にプログラミングに使ってみる

操作に慣れてきたら、各種プラグインを導入していけばOKですが、試しにhtmlファイルを開いてみましょう。

おぉ。。。タグや属性に色がついてるでござる。

便利な機能で言うと、RGB値をマウスで選択することもできます。

また、タグの数が足りない時や使用する属性候補なども予測で表示してくれます。(下図は <l のみ入力した時)

ひえー。いままで拙者がタイプミスしてきたのはなんだったでござるか。

このため、コードエディターを使うだけで、ケアレスミスによるコーディングミスを防いでくれます。

開発効率が絶対高くなります!!

今度からぜったいVSCODEを使っていくでござる!!

ちなみに、上述したように、他にもコードエディターはたくさんあるので、自分の好みで使ってください!!

Windows便利機能-ウインドウ枠を一斉に最小化

たくさんウインドウを開いていて、閉じるのが面倒でござる。

長時間作業をしていると、あるあるですよね。
今回簡単にウィンドウズ枠を収納する方法をざくっと3つご紹介します。

①ウィンドウズバーをつかんでフルフルする

ちょっとコツがいるでござるが、知らなかったでござる!!

②「Win」キー+「D」ボタン

すーぱーはっかーになった気分んでござる!

③タスクバーの右下のスペースをクリックする

拙者はまうすを使うから、この方法が楽でいいでござる!

こういった小技も、このブログでは紹介していきますね。


拡張子ってなに?何のために必要?

うーむ。同じ画像ファイルでもjpgとかpngとか書いてあるが、なんでござろうか?

お侍さん、それは「拡張子」というものですよ

かくちょうし?

はい。
ファイルをコンピュータが識別するために存在しています。
例えば、お侍さんの顔写真が以下にあります。

かくちょうし?うむ。相変わらずイケメンでござる

そして、この画像をクリックして開こうとすると「png=画像ファイル」とコンピュータと認識して、画像を見るソフトを開いてくれます。

管理人のPCで画像ファイルを開いた画面

このように、コンピュータが拡張子を見て、このファイルは画像データだと判断してくれているわけです。

なるほどでござる。

ちなみに、コンピュータのデータは0と1から出来ています。
このため、画像ファイルを無理やりメモ帳で開くと、以下のようなに表示されます。

バグってるでござる・・・

ファイル自体は同じなんですが、画像なら画像用のアプリ、文章なら文章用のアプリで開かないと、このように人間が見ても良く分からない表示になってしまいます。
まとめると以下みたいな感じです。

拡張子は、ファイルを扱ったりプログラミングをする際はとても重要なので、しっかり理解してきましょう。

WindowsとかのOSって何なの?

皆さんが利用しているPCやスマホには、OS(Operating System)というものが搭載されています。
WindowsやiOS,androidのようなものを指します。

拙者はWindows10を使っている。それがオーエスというのか。

そうです。お侍さんは、パソコンの中に入っているWindows10を使用しています。
そのOSがあるおかげで、マウスやキーボードを使ってパソコンを利用できているのです!
ちなみにWindows10はマイクロソフト社という会社が作っています。

ん?しかし、拙者のノートパソコンには、Fuj〇tsuと書いてあるぞ。

お侍さんのパソコンは、機械としてはFuj〇tsuさんが作っていて、OSにWindows10が組み込まれています。
(Surfaceというマイクロソフト社製のPCもあります)

PCはざくっと以下のような階層構造になっています。

パソコンは機械なので、電気信号で動いています。
それを人間が操作しやすいため存在しいているのが、OSです!

なるほど。でもドライバやBIOSなど聞きなれない単語もあるでござるな

その辺りは複雑なので、またいつか解説します。
とりあえずは、こんな感じに『OSが仕事してくれてるよ』ってことだけ理解してください!

ざっくり承知でござる

今後も、色々ざくっと説明するので、よろしければこのサイトのブックマーク等よろしくお願いします

Windowsの基本のショートカットキー

こんにちは。管理人の『りょうじ』です。
パソコン(Windows)を操作するときの、便利なショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキー?それはなんでござるか

テレビやドラマで、パソコンのプロみたいな人は、ほとんどキーボードだけ叩いていませんか?
実は、パソコン(Windows)を操作するときに、マウスを使うと思いますが、キーボードでも操作できることは多いのです。

ほう?それが出来ればスーパーハッカーとして、高速でPC操作が可能?

急にそこまでは進化できませんが、徐々になれるかもかもしれませんね。
今回、基本として知っておきたいショートカットを以下に掲載していますので、ご活用下さい。

操作内容ショートカットキー利用例
コピー[Ctrl]を押したまま + Cキー ・ファイル、文字、Excelのセルのコピー
(その後ペーストを併用して貼り付ける)
ペースト(貼り付け)[Ctrl]を押したまま + Vキー・コピーやカットした情報を張り付ける
・ファイル、文字、Excelを張り付ける
カット(切り取り)[Ctrl]を押したまま + Xキー・ファイル、文字、Excelのセルの切り取り
(その後ペーストを併用して貼り付ける)
セーブ(保存)[Ctrl]を押したまま + Sキー・Word,Excelなどの今開いているファイルを上書き保存する。
全選択[Ctrl]を押したまま + Aキー・文字やファイル等、現在操作しているWindowで選択できるものをすべて選択する
操作をやり直す[Ctrl]を押したまま + Zキー・前回操作したものをやり直す。
ファイルの名前を変えるファイルを選択した状態でF2キーを押す・ファイルの名前を変更する
基本のショートカットキー

PC初心者の方は、上に書いてあるものだけでも、まず覚えてみてください。
マウスを操作する機会が減り、PCの操作が早くなります!!

承知!居合の達人である私はすぐにマスターしてみせる

一歩ずつ、PCに慣れていきましょうね!!