Skip to main content

仮想サーバーってなに?

今回、Linuxサーバで開発を勉強してみようかな。まずは仮想サーバーを立てて・・・

りょうじ殿!仮想サーバーってなんでござるか!?

おぉう。凄い勢いですね。
どうしたんです?やる気満々ですね。

日に日にITへの知識欲がわいてくるでござる!!スーパーITマンになるでござる!

それで、仮想サーバーってなんでござるか?

(あ、暑苦しい・・・)

分かりました!今回は、仮想サーバーについて熱く語っていきましょう!!楽しい分野ですよ!!

仮想サーバーとは

仮想サーバーとは、一台のサーバー上に複数のOSを起動できるようにする仕組みです。

OSって、一つのPCやサーバに、一つ乗っているやつでござるな?

はい。基本的にはそうです。

過去にこちらで話をしましたね。

仮想サーバは以下のような感じです。

複数のサーバーを違うOSで配置できるわけでござるな!

これって、どれくらいの数まで仮想サーバーを並列で設置出来るでござる?

その辺りは、物理的なサーバのスペック次第ですね。

大量のHDDで、高性能のCPUを積んでいて、容量のあるメモリを積んでおく必要があります。

例えば、WindowsのOSは、メモリは4GByteはほしいところです。

もし、WindowsのOSを4つ起動させたい場合は16GByte以上のメモリが必要になります。

ううむ。お金がかかるでござるな・・・

仮想サーバのメリット・デメリット

では、ここでは仮想サーバのメリットデメリットをお伝えします。

メリット

・複数の物理サーバーを買うより安くなりやすい

・メモリやCPUなどのリソース配分を仮想化ソフトでコントロールできるので、スペックの調整がしやすい

・サービスを終了するときに、物理サーバーを他に使いまわせられる

デメリット

・機械的な故障があった場合、仮想サーバー全体に影響を及ぼす可能性がある。

・仮想化ソフトやネットワークなどの設定にひと工夫が必要。

・オーバーヘッドで性能が少し落ちがち(CPUやメモリなどが複数の仮想OSを相手にするので、処理が増える)

ふむふむ。善し悪しがあると。。。

例えばクラウドサービスでサーバーを借りた時も、この技術が使われていたりします。

ハイスペックで大容量のサーバーが沢山あって、仮想化OSを利用者に配布するようなイメージです。

もはや一般的な技術で、どこでも使われています。

仮想サーバを試しに使ってみたい

情熱があるうちに、勉強をつづけたいでござる!仮想サーバーって簡単に利用できるでござるか?

できますよ。

Windowsパソコンの場合、以下の物を使うことができます。

VirtualBox

比較的簡単に仮想マシン(サーバー)を立てることが出来るツール。

VMware Workstation Player

仮想化技術で昔から有名な企業。無料試用版もある。

Hyper-V

Windowsの標準機能(pro以上)に搭載されている機能。

個人的には、「VirtualBox」が使いやすくてお勧めです。

分かったでござる!!とりあえずはVirtualBoxについて調べてやってみるでござる!!

うぉぉぉ!!


仮想化技術は、便利な一方、初心者には複雑な技術です。このため、最初は図書などの手順通りにやってみることをお勧めしてます。

相対パスと絶対パス

作成したHTMLファイルをサーバにアップするでござる。

あれ・・・?URLリンクが開けないでござる・・・。

お侍さん、順調・・・じゃなさそうですね。
どれどれ・・・あー絶対パスでリンクを設定してそうですね。
相対パスで記載すれば解決すると思いますよ。

ぜったい?そうたい?

じゃあ基本からざくっと解説しましょう!

絶対パス

絶対パスは、完全なファイルやURLの場所といったイメージです。

例えば、このブログサイトは「https://rakuraku-ict.com/zakutto/」というパスになります。

フルパスとも呼ばれます。

うむ。ブラウザに表示されているものを全部コピーでござるな。

相対パス

相対パスは、「とある地点からパスという場所を指定する」感じです。

表記が楽になったでござる!

でも、簡略化できるだけでござるか・・・?

パスの形式の使い分け

それぞれ、以下のように特徴があります。

特徴を理解して使い分けましょう!

<絶対パス>

  • パスのすべてを表記するので、確実にパスを指定できる
  • 階層型のもの(ファイルやURL)等では、逐一パスを記載していると大変
  • 外部WEBサイトを参照するときに使用

相対パス

  • 自分のWEBサイトなど、ファイルの配置場所が分かっている場合は相対パスが圧倒的に楽
  • ./や..などの相対パス特有の記号の使い方を学ぶ必要がある
  • 外部のWEBサイト参照には使えない

ふむふむ。拙者外部リンクも、自分のWEBサイト内のリンクも絶対パスにしてたでござる。

パソコン内部の絶対パスと、サーバ上の絶対パスは表記が変わるので注意しましょう!
(PCだと「C:\Users\Yorimichi\HTML」みたいなのが、サーバだと「D:\ServerX\HTML」みたいな感じで前半の部分が絶対パスだと間違ったりします。)

レンタルサーバーってどんなもの?

さて、今日もHTMLとJavaScriptを作成してサーバーにアップするぞ!

そういえば、りょうじ殿は、サーバーって何をつかってるんでござる?

私は、ロリポップのハイスピードプランを契約しています。

お侍さんは、物理サーバーを家に設置して、勉強中でしたっけ?

そうでござる。レンタルサーバーって便利でござるか?

一言で言うと、めちゃくちゃ便利ですね。

今回はレンタルサーバーについてざくっと解説しましょうか。

レンタルサーバーには、以下のように多くの会社が提供しています。

サービスの違いを知りたい方は、それぞれのサイトで見てみてくださいね。

一般的に、レンタルサーバーと呼ばれるものはウェブサイトを作成したりウェブサービスを提供するものが多いですね。

ウェブサービスはお店(ECサイト)やLP(宣伝)ページみたいなものでござる?

はい。そんな感じですね。

このため、ここでいうレンタルサーバーは、簡単に利用を開始することができる一方、カスタマイズはあまりできません。

カスタマイズと言うのは、例えば自分でOSやミドルウェアなどを自由自在に管理することが挙げられます。

そういったカスタマイズをしたいときは、どうすればいいでござるか?

そういう時は、AWSやMicrosoft Azureのような、大手クラウドサービスを利用すると良いでしょう。

現在では、コンテナ技術(いつか解説します)等、インフラ関係の技術も進歩してきておりますので、パブリッククラウドの需要が超伸びています。

学びたくなったら、レンタルサーバーだけでなく、色々なクラウドサービスも使ってみることをおすすめします。


IE(Internet Explorer)のサポート期間終了って何を気をつければいいいの?

ふむふむ。IEのサポートが終了。。。

らしいですねー。企業内では、IEをバリバリ使っているところもあるから、大変ですねー。

うむ?そもそもサポートが切れて、どうなるでござる?

では、その辺りの事を今回ざくっと説明しますね。

まず、IEというのはインターネットブラウザという点は大丈夫ですね?

うむ。インターネット上のWEBサイト(HTML等)を見るためのツールでござる

その通りです。
復習したい場合は、こちらをご参照下さいね。

ブラウザの代表格としてgoogleが開発したchormeが有名ですが、その他にもsafariやFirefoxなどもありますね。

今回は、Microsoftが長年提供してきたIE(Internet Explorer)のサポート期間が終わるという話になります。

サポート期間とやらが終わると、どうなるでござるか?

サポート期間が終了したのに、そのツールやシステムを使用しているとざくっと言うと、ウイルス感染したり、PCを乗っ取られやすくなったりとセキュリティ上のリスクが大きくなります。

なんだかやばそうでござる

実際、サポート無しのブラウザを使用し続けることは、かなり危険です。
このため、以下のように対応しましょう。

<個人の場合>

・ブラウザやソフトウェアは、常時最新のものにする
・アップデートできなくなったサポート切れの物はアンインストールする
・怪しいサイトやクレジットカードなどは入力しない

<企業の場合>

・個人の場合の対応に加えて、企業としての方針を決める。
・固有の機能(例えばIEでしか動かせなかった機能等)を調査する
・他のブラウザに移行するためにシステム改修を行う。

企業さんは、なんだか大変そうでござる。

逆にいうと、IEから他のブラウザにプログラムを移行させる作業がありますため、エンジニアの方々は仕事が増えるということになります。
このため、お侍さんも、頑張って実力をつけていってくださいね!

光の三原色を知って、WEBページの色を設定しよう

さて、CSSで画面をデザインするでござる

今日もお侍さんはやる気満々ですねー!
どれどれ。コードを見てみると、、、色はRGBで、設定しないんですね。

なんかBlueとかredとかあるので、それで設定してるでござる。

では、今回はRGBを活用したCSSの色設定をざくっと紹介します。

まず光の三原色をご説明します。
色の原色には、赤、緑、青の三種類があり、この組み合わせであらゆる色(厳密には人間が見えることができる色の範囲)を作ることができます。

まず光の三原色をご説明します。
色の原色には、赤、緑、青の三種類があり、この組み合わせであらゆる色(厳密には人間が見えることができる色の範囲)を作ることができます。

なるほど、これを活用すればオシャレカラーも使えるでござる。

でも、どんな色の組み合わせが良いのかわからんでござる。

私もセンスがないので、色の組み合わせはよくわかりません。
ですが、今の世の中、見やすいウェブサイトのサンプルが大量に公開されてます!
以下のサイトは、私的に使いやすく感じていますため、ご紹介させて戴きます。

なるほど!このリンク先から好きな色をコピーしてCSSに設定すればいいでござるな!

その通りです!!
なので、色のセンスは無くても、前人達の知識を活用させてもらって、自分のCSSでrgbで設定してください。

余裕や興味がある人は、カラーコーディネートや色について学んでみてください。
心理学や服装、マーケティングなど幅広い分野に活かせる知識ですよ!

サーバのざくっとした構成を知っておこう

以前サーバの概念について説明しました。(過去記事はこちら
その中でサーバの機能が沢山あるよって話もしました。

WEBサーバやデータベース、メール等でござったか?

そうです!一般的には、サーバは以下のような構成になっていることが多いです。

代表的なサーバー機能には以下のようなものがあります。


DBサーバー(データベースサーバー)
 ➡ データベースを管理する。巨大なきっちりしたExcel表のようなものが沢山あるイメージ

APサーバー(アプリケーションサーバー)
 ➡動的コンテンツを動作させる。サーバサイドの言語(php,Rubyなど)を動作させる。

Webサーバー(ウェブサーバー)
 ➡動的コンテンツを動作させる。HTMLやCSSなど

ふむふむ。これを全部サーバに入れないといけないでござるか?

いいえ。
そのサーバーの目的に沿って、必要な機能を設定すればいいですよ。
例えばお侍さんがHTMLとCSSを作って、公開するだけならば、WebサーバだけでOKです。

なるほど。じゃあ、DBサーバが必要な時ってどんなときでござるか?

データベースは、ざくっというとルールがしっかりしているデータを格納するシステムです。

このため、『WEB画面上の投函フォーム』『掲示板』『ユーザ登録情報』など、利用者がデータを入力するようなシステムの場合、データベースが必要になります。

他に細かいサーバの機能もあるのですが、そちらについてはおってご紹介しますね。

プログラミングをやってみたい。何から始める?

最近、エンジニア学習を始める方が多いと聞きます。
そんな中、どのようなプログラミングから始めれば良いのか困っている方も多いと思い、ざくっと解説してみます。

拙者もぷろぐらみんぐしたいでござる。HTMLというのを始めれば良いでござるか?

HTMLも、初めて勉強する方には、分かりやすくてお勧めですよ。
私がお勧めしたいのは、あなたがプログラムで何を作りたいかという点です。

拙者が作りたいもの?スキルがつけばなんでもいいと思っていたでござる。

その気持ち非常に良く分かります。
しかし、初めて勉強することって、心が挫けることが多いと思います。
特に難しい部分につまづいたり、日々が忙しくなって時間が取れなくなったりなどありませんか。

確かに。拙者は新しい流派を独学で学ぼうと思って、3日で挫折したでござる。

(それは侍として、どうかと思いますが。。。)
このため、ご自身の興味のある分野のプログラミング言語を選択することをおススメします。

多くのプログラミング言語は、同じような文法構造になっています。
例えば、英語とフランス語では単語や文字が違いますが、文章の構造は似ています。

同じようにプログラミング言語も、単語は違いますが仕組みは似ていますので、まずは自分の目的に合った好きな言語から勉強してみましょう!

拙者は、センスあふれるうぇぶさいとを作りたいから、HTMLとCSSから始めるでござる!

HTMLは本体。CSSは化粧

過去にHTMLというものをご紹介しました。(過去記事はこちら

HTMLはここのサイトのように、インターネット上にある画面を構成しているものです。
ここまではいいですね?

うむ。ブラウザで表示されるWEBページでござるな。

でも、実はHTMLだけでWEBサイトが作られているわけではないのです。

なん、、、だと、、、

実はHTMLとCSSというものがペアになって、WEBサイトが作られていることが多いのです。

しーえすえす?

CSSは「カスケーディング・スタイル・シート」と読みます。
今回はこのCSSをざくっと解説します。

このCSS、何をしているかというと、HTMLの化粧をしてくれています。

このため、WEBサイト制作の際は、HTMLだけでなくCSSも勉強する必要があります。
CSSが無い場合はどのような表示になるのか、以下に掲載しておきます。

HTMLのみ

HTML+CSS

文字やハイパーリンクは一緒でござるが、画像や見た目が全然違うでござるな!

はい。これが化粧という意味でお伝えしたこととなります。
HTMLは、WEBサイトの機能や文章などのコンテンツを作ります。
CSSはそれを人間にとって操作しやすく、デザイン性を持たせて注目してもらうことができます。

実は、HTMLのコードに、デザイン性を持たせることもできます。しかし、プログラムの中身が分かりづらくなったり、統一したデザインを作るのに手間がかかったりします。
このためHTMLとCSSは役割分担して活躍しているというわけです。

いかがだったでしょうか。
大体のHTMLの勉強本はCSSも一緒になっています。
慣れれば難しくないので、ちょっとずつ勉強していきましょう!


<おススメ図書>

 

HTMLとブラウザの関係性

前回、HTTPの話をしました。
その中で、HTMLというプログラミング言語について触れましたので、今回ざくっと解説致します。

HTMLでござるか。確かWEBサイトに使われるプログラミング言語だったでごさるよな

はい。その通りです。
今皆さんが見ている、この画面も、HTMLというもので書かれて言います。
HTMLは「HyperText Markup Language」の略称です。
意味としては、「『ハイパーテキスト』というものに、目印を付けたプログラミング言語」という感じです。

うむ。何か凄いテキストに目印を付けたと。。。目印はなんのために?

いい質問ですね!
なぜ、その目印をつけるかというと、ブラウザ(Chrome,IE,Safariなど)が、その目印を元にプログラムを解釈するからです。

例えばというタブは、ブラウザの上部分に表示されるルールになっています。</p>

【HTML上のプログラム】

・・・以下一部抜粋・・・
<title>ざくっと分かるITの仕組み &#8211; 仕組みをわかりやすく解説 <title>
・・・・・・・・・・・・

【ブラウザの表示】

下の画像のように、ブラウザのタイトル設定がされる。

このような沢山のルールがあって、それをHTMLに書いておくと、どのようなブラウザでも同じように表示してくれます。

なるほど。では、ルールを守ってHTMLを書けば、世界中のみんなに見てもらえるんでござるな。

その通りです。
今回お伝えしたかったのは、以下の点になりますので、おさらいとして記載しておきますね。

HTMLタグという目印を使ったプログラミング言語である。
タグがあることで、利用者がどのブラウザを利用しても、同じようにWebサイトを見ることが出来る。
ブラウザHTMLを読み込み、ルールに則って他のブラウザと同じように表示させてくれる。

ざくっとご理解いただけたでしょうか。
今後もWEB関係の仕組みをご紹介してきますため、よろしくお願い致します。

HTTPってブラウザで見かけるけど、何?

皆さんが、恐らく毎日見ているWEBサイト。
それはhttpという方式で情報が、やり取りがされています。
今回はそのHTTPについてざくっと解説します。

ふむ。このWEBサイトもhttpと書いてあるでござるな

はい!
厳密にいうと、このWebサイトは「https」ですが、今回は基本となる「http」で話を進めます。

HTTPは正式名称は 「HyperText Transfer Protocol」です。
多くのITの用語は日本語訳してみると、イメージが湧きます。

ITの用語は、英語を一緒に学習すると言葉の意味が分かるので、お勧めです。
特に、プロトコルというのは手続き、約束という意味で、ITの用語で結構出てくるので覚えておきましょう!

では、ハイパーテキストとは何でしょうか。
実は今、この画面を見ている人もすぐに見ることができます。

ハイパーテキスト(HTML)の中身については、別途勉強していきましょう!

今回は、こういうプログラムをブラウザ(IE,Chrome,fire foxなど)で受信することで、今皆さんが見ているWEBサイトが表示されることだけ覚えてください。

ううむ。難解な。なんでこんな難しい言葉(HTML)でやり取りするのでござるか?

いい質問ですね!
それは、通信に必要なデータ量を減らすためです。

HTMLは、上述したように文字のプログラムで受信します。
なので、データ量が少ないのです。

少ないデータ量でも、ブラウザがハイパーテキスト(HTML)を読み込むことで、皆さんに分かりやすく良い感じに表示してくれています。

うーん。わかったような分からぬような。。。

その辺りの技術も、今後、紹介しますね。

今回は、みんながインターネットをするときのお約束としてhttpでデータのやり取りをする。
そして、そのデータはハイパーテキスト(HTML)で出来ているという点を押さえてくださいね。

今日は以上になりますが、今後ともWEBの知識などを公開してきますので、よろしければ継続して読んで下さいね!