VK Blocks(無料版のみ)1.27.4 の不具合対応方法

2022年3月7日ごろ。自分の所持するWordPressサイトにて、サイトが落ちる不具合がありました。

結果、プラグインである「VK Blocks」が悪さをしてました。

今回は不具合の内容と対応方法をメモしておきます。

不具合内容

WordPressサイトエラーメッセージ画面
WordPressサイトエラーメッセージ画面

上図のように「このサイトで重大なエラーが発生しました。」と表示されました。

この状態だと、WPの管理画面にもログインも出来ないので八方塞がりの状況でした。

原因特定のためのログ表示

上述したエラーメッセージは、あるあるらしく、色んなエラーで表示されるようです。

このため、まずはログを出力させることで原因特定に繋げていきます。

WordPressを設置したフォルダ直下の「wpconfig.php」というファイルの設定を変更してあげる必要があります。

この「wp-config.php」の中に以下のコードがあるのでパラメータをtrueに変更します。

設定前:define('WP_DEBUG', false);

設定変更後:define('WP_DEBUG', true);

上述した設定を行った後、再度WEBサイトにアクセスすると、以下のように表示されました。

エラーログ画面(一部パスを黒塗りにしてます。)

ログを見ると、phpファイル内の78行目にエラーが出ていることが分かります。

そして、その上位ディレクトリに「vk-blocks」というのがありますが、こちらのプラグインに原因があるということが分かりました。

今回の対処方法(vk-blocksの削除及び安定板のインストール)

そして、調べたところ「vk-blocks」の特定のバージョンでバグがありました。

VK Blocks(無料版のみ)1.27.4 の不具合(Fatal Error )について | 株式会社ベクトル

本日16:30頃配信の VK Block 無料版 1.27.4 においてアップデートすると Fatal Error が発生する不具合がありました。大変申し訳ございません。細かい発生原因は現在調査…

対処方法としては以下の通り実行すれば解決しました。

  1. wp-content/plugins/vk-blocks/のディレクトリを削除
  2. 自分のWEBサイトが無事表示されるか確認する。
  3. 2がOKならば、再度「VK Blocks」をインストールする。(現在は安定板が配信されています。)

上述した内容で私の場合解決しました。

最後に、作業の注意点としてphpファイルやディレクトリ削除などは作業ミスをすると、更にエラーを発生させる可能性があります。

ぜひ、ファイルやフォルダのバックアップ(ローカルへのファイルダウンロードなど)を行って、作業していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA