Skip to main content

アジャイル開発工程をざくっと解説

以前、システム開発方式の一つとして、ウォーターフォール型開発について解説しました。(過去記事はこちら

たしか、滝の流れのように一方通行で仕事が進むんでござったな。

そうです。
しかし、以下のようなデメリットが、ウォーターフォール型開発にはありました。

<デメリット>

・途中で作りたいシステムの内容が変わると、大幅なやり直しが必要

・各役割(顧客, PM, SE, PG)の間で、コミュニケーションミスをすると、違ったものが作られる

・顧客は、リリース時にシステムを確認することが多く、間違ったものを開発すると大変

うむ。開発が一方通行に進むから、手戻りやコミュニケーションミスがあると困るでござる。

これらの問題に解決するために、アジャイル開発という方式が米国を中心に作り上げられました。

あじゃいる開発。なんだか凄そうでござるな。

日本でも、アジャイル開発を採用する企業が年々増えてきています。
これは、ウォーターフォール型開発の限界(デメリット面に述べた)があり、また、DX(Digital Transformation)の推進が推奨されているからです。

この辺りの話は別の機会にしてしますが、アジャイル開発はどんなものか解説しますね。

上の図のように、くるくると開発工程を繰り返すことが特徴的です。

ざっくりアジャイル開発の工程>
①要件定義の部分で、一定期間での開発内容を決めます。

②すぐに黄色の部分の開発作業を開始します。

③開発中は、必ず設計から行う必要はなく、すぐさまプログラミングをすることが多くあります。設計文書などが必要な場合は、プログラムを作った後に整備します。

④開発完了したものをリリースし、顧客などの依頼主を中心に確認します。

⑤レビュー・リリースを通して継続して開発をする予算と必要性があれば、①に戻ります。これ以上開発の必要が無いと判断されれば、プロジェクト終了となります。

うむ。この開発によるメリットはなんでござるか?

ウォーターフォール型開発と比べ、以下のメリット・デメリットがあります。

<メリット>

・時間経過による要件変更に対応できる

・後戻りや要件変更も対応が速やかにできる

・人員のアサインが時間で固定のため雇用しやすい

・重要な部分から開発を進めるため、無駄な機能等をそぎ落としやすくなる

・自動テスト機能や自動デプロイ機能等を活用することで、超高速に開発が進めることが可能

<デメリット>

・日本国内では経験者が少ない

・アサインされた人員は多能工が求められる、しかし日本にはこの考え方が少ない

・請負契約による発注が難しく、発注元のプロジェクトコントロールが大切

・大きな企業では、すでに存在する開発マニュアルとの齟齬が大きく、アジャイル開発導入のハードルが高い

ううむ。なんだか良い面が多い気がするでござるな。

著者としては、良いところばかりの開発手法だと思っています。
しかし、アジャイル開発の工程を理解し、実践したことのある技術者まだまだ不足しています。
また、多能工という技術分野を跨いだ働き方など、熟練の方ほど二の足を踏んでしまうやり方だと思います。

今後、日本のIT発展遅れを取り戻すために導入する企業も多いと思われますため、アジャイル開発について、今後も情報発信していきますね。

拡張子ってなに?何のために必要?

うーむ。同じ画像ファイルでもjpgとかpngとか書いてあるが、なんでござろうか?

お侍さん、それは「拡張子」というものですよ

かくちょうし?

はい。
ファイルをコンピュータが識別するために存在しています。
例えば、お侍さんの顔写真が以下にあります。

かくちょうし?うむ。相変わらずイケメンでござる

そして、この画像をクリックして開こうとすると「png=画像ファイル」とコンピュータと認識して、画像を見るソフトを開いてくれます。

管理人のPCで画像ファイルを開いた画面

このように、コンピュータが拡張子を見て、このファイルは画像データだと判断してくれているわけです。

なるほどでござる。

ちなみに、コンピュータのデータは0と1から出来ています。
このため、画像ファイルを無理やりメモ帳で開くと、以下のようなに表示されます。

バグってるでござる・・・

ファイル自体は同じなんですが、画像なら画像用のアプリ、文章なら文章用のアプリで開かないと、このように人間が見ても良く分からない表示になってしまいます。
まとめると以下みたいな感じです。

拡張子は、ファイルを扱ったりプログラミングをする際はとても重要なので、しっかり理解してきましょう。

ITパスポート試験、基本情報技術者試験(午前)、応用情報技術者試験(午前)攻略法

日本の国家資格である『ITパスポート試験』『基本情報技術者試験』『応用情報技術者試験』をご存じでしょうか。

うむ。名前は本屋で見たことがあるかもしれないでござる。

この資格を持っていると、企業で昇給を貰えたり、ある程度のITの知識を持っていると認められやすくなります。
全国で受験できるので、お勧めの試験です。

なるほど。しかし、国家試験ということは難しいのだろう?

各試験の合格率は以下の通りです。
数字だけ見ると、中々難しい試験に見えますが、落ちてもデメリット(受験費ぐらい)が少ないため、力試しで受験している人も多いと思われます。

試験合格率
ITパスポート試験50%前後
基本情報技術者試験25%前後
応用情報技術者試験20%前後

ううむ。難しそうでござる。今回はその攻略法でござったか?

はい。攻略法は簡単に申しますと、

とにかく過去問を解く。

これに尽きます。

ええ。。。それだけでござるか?

はい。とにかく過去問を解いてください。
なぜなら、この試験は過去問から似たような問題が多く出てきます。

また、各テスト(基本情報・応用情報は午前、午後でそれぞれ)60%以上正解すれば合格できます。

このため、すべてを理解する必要はなく、よく出てくる問題をちゃんと正解し、分からない問題は選択肢から消去法で選ぶ。これで合格ラインの60%にぐっと近づきます。

なるほど!でもこれだと本当に理解したと言えないのでは?

残念ながら、すべて理解するということは諦めてください。勉強時間が、かかり過ぎます。
ITの仕事は、『すべての知識を知っておくよりも、自分の担当知識の方が重要』というのが現状です。
試験に合格してから、さらに知識を深めるという手もありますので、まずは試験を合格しちゃいましょう。
管理人のおススメの過去問対策本は以下の通りですので、ご参考になれば幸いです。

上の本を、解いて正解数をテスト毎にチェック。間違えた問題を、再テスト・学習というのを繰り返してみてください。