Skip to main content

LANってインターネットって意味でいいの?

こんばんは。みなさん、PCやスマホからインターネットを利用しているでしょうか。
昔と違い、今は常時ネットに接続している状態がほとんどだと思います。

そうでござるな。スマホアプリ、地図、何でもスマホから使っているでござる。

お侍さんは、自宅では無線LANでインターネットしている感じですか?

家にわいふぁい?の器械があるでござる。

この機械で無線LANが使えて、いんたーねっとに繋がるでござるな?

ざくっとは合っています。

しかし、厳密にはLAN≠インターネットです。

今回は、この辺りを説明してみましょう!

LANの正式名称をご存じでしょうか?

知っているわけでないでござるよ。

で、ですよね。

LANは、Local Area Network (ローカルエリアネットワーク)という名称で、その名の通り、『狭い地域の情報網』という意味になります。

狭い地域・・・でもいんたーねっとで世界に繋がるでござるよ。

実はインターネットは以下のような感じで繋がっています。

わん・・・?毎月請求されているのは、こっちのことでござるか?

Wide Area Networkというもので、光回線やスマホのキャリアなどの契約しているものになります。
この契約している回線を、自宅内や職場で分け合って使っているのがLANになります。

また、LANがあれば、その狭い範囲ではネットワークを自作出来ますので、WANが無くともPCとプリンタなどを接続することができます。

確かに、光契約が止められたときにプリンタは使えたでござる!

(未払い・・・?)

このため、LAN環境を構築できれば、少ないWANの数でインターネットを使えます。

そのため、ネットワークの知識があれば不要なインターネット回線契約(キャリア契約など)を減らすこともできます。
生活コストに繋がりますので、ネットワークについては理解しておいた方が得しますよ。

ドメインってなに?

さて、最近「rakuraku-ict.com」というドメインを手に入れたから、HPをたくさん作るぞー。

うむ。拙者は無料サーバーでHPを作ってるでござるが、ドメインって何でござるか?>

では、ドメインの話をするために、おさらいをします。
以前、IPアドレスの話をした事がありましたよね?(過去記事はこちら

IPアドレスは住所番号のようなもの(過去図)

うむ。確かIT機器のそれぞれの住所がIPアドレスだったでござるな>

ドメインも似たようなもので、例えば、このHPや有名ドメインにはIPアドレスが設定されています。

IPアドレスは機械についているイメージだったのでござるが、ちがうでござるか?>

基本的にはその認識でOKです。
しかし、企業のサーバーは数百台、数千台から構成されている場合もあります。

このため、その場合は多くのサーバー群の入り口としてIPアドレスがあります。(厳密にはグローバルIPアドレスという名称になります。)「

凄い規模間でござるぅ>

また、図解しましたがドメインとIPアドレスは紐づいています。

これによって人間には覚えづらいIPアドレスを英文字の羅列で分かりやすくしているのです。

じゃあこのドメイン、どうやって入手するのでござるか?>

基本は、お金を払って年間契約をします。
以下に広告を貼っておきますので、気になれば見てみてくださいね。

SIMカードってスマホの変更で聞くけど、何のためにあるの?

3大キャリア(Docomo, AU, SoftBank)でも大容量で安いプランが発表されましたね。
20GByteという大容量で3000円ほど。
いい時代になってきました。

しかし、オンラインからの手続きが必須で、スマホの通信の仕組みについても知っておかないと利用が難しいのが現状です。

うむ。SIMカードとか言われて、ちんぷんかんぷんでござる。

では、今回はざくっとSIMカードについて説明しましょう。

以下のようなものは見たことがありますか?

昔、ガラホを分解したときにこんなカードが入っていたような気がするでござるよ。

これがSIMカードで3種類のサイズ(標準、micro,nano)がありますが、機能は同じです。
そして、このSIMカードには電話番号情報が入っていて、契約されているSIMカードのみ電話やインターネットに接続することができます。

ふむ。じゃあ拙者のスマホにもSIMカードが入っているのでござるな。

その通りです。
そして、オンラインで通信プランを契約すると、このSIMカードが郵送されてきますので、お手元のスマホに差し込むと、通信できるようになります。

おお!お手軽でござるな!

しかし、注意が必要な点があります。
オンラインで契約したSIMカードは契約先とスマホの機種次第で通信できない場合があります。

このため、以下のリンク先のような情報を確認して、手元に持っている端末と各社の電波の対応状況を確認

ahamo対応機種一覧 povo対応機種一覧 Y!mobile対応機種一覧

ううむ。わかりづらいでござる。なんで通信できない機種があるんでござるか?

キャリアが発信している電波と、機種が受け取れる電波がそれぞれ違っているので、その組み合わせが合わない機種は電波を受け取れません。
このため、このように自分で調べて、機種が使えるかどうか確認する必要があります。

契約も機種の確認も、店舗スタッフさんを活用できない代わりに、安く良いプランを利用できるのです。

ううむ。残念ながら拙者は店舗で契約するでござる。

このようなITの仕組みをざくっと理解していくと、お得なサービスを得られることもあります。
少しずつ学習を進めて、家計の節約の為に学習をしていきましょう

IPアドレスは機械用の『住所』と考えよう

IPアドレスっていう名前を聞いたことがあるでしょうか。
このIPアドレスがあるおかげで、皆さんのPCやスマホなどはインターネットに繋がることができます。
今回はIPアドレスについて、ざくっと解説します。

よろしく頼むでござる。住所というと〇〇県○○市99-99みたいな感じでござるか?>

そうですね。
日本人に分かりやすいように日本語の住所があるように、機械に分かりやすいように機械用の住所があります。
そして、その機械用の住所を利用して、インターネットで繋がっています。

上の図のように、企業のホームページをみようとした場合、プロバイダーや自宅のルータを経由します。
このプロバイダーやルータが、「どのIPアドレスの人がどこにアクセスする」というのを管理して情報をバトンリレーしてくれます。

ふむ。我が家の無線ルータが橋渡ししてくれていたのか

そして、プロバイダーやルーターがIPアドレスを管理してくれているので、間違えずに情報を送受信できるのです。この管理によって、他人が見ているサイトが表示されるなんてことはありません。

ぐぬぬ。インターネットを開発した人には頭が上がらぬな。>

凄い技術ですよね。
今回はここまでをざくっと解説しましたが、インターネットの具体的な技術については、また徐々に解説記事を掲載していこうと思いますため、よろしくお願い致します。

【今回の復習】

・IPアドレスは機械(PCやスマホなど)の住所で、情報を届ける住所の役割を果たす
・住宅の住所=IPアドレス
・ローカルIPアドレス=アパートの部屋番号
・ルーターやプロバイダー=情報をバトンリレーし、IPアドレスを管理する